What'sNew 〜 新着情報


 営農ワンポイントニュース  〜トマトの疫病防除は雨よけ栽培〜
栽培・防除・営農ニュース

営農ワンポイントニュース

トマトの疫病防除は雨よけ栽培
          営農指導員  稲生 稔    

【診断法】
 本病は葉や茎、果実を侵す。葉では初め灰緑色で水浸状の病斑が発生する。梅雨期など曇雨天の日が続くと病斑は急激に拡大し暗褐色の大型病斑となり表面に白いカビが発生する。晴天がつづき乾燥してくると病斑は褐色となり枯れ上がる。茎や葉柄でも暗褐色水浸状の病斑となり白色のカビが発生する。病斑が茎を取り巻くと上部の茎葉は枯死する。果実では未熟果が侵されやすく褐色で光沢のあるヤケド状の病斑が発生する。病斑は拡大して暗褐色となりくぼんで白カビも発生し腐敗する。
【発生条件】
 病菌はトマトの被害茎葉やジャガイモの塊茎上の病斑に付着して土の中で越冬し一次伝染源となる。翌春に病斑上にできた分成胞子が風雨によって飛散し葉上の水滴の中で発芽し侵入する。菌の発育適温は15〜20℃。曇雨天の日が多く気温が20℃前後で多発生し、とくに降雨が直接茎葉にあたると発病進展が早く激発する。またジャガイモの跡地やジャガイモ畑の近くは発生が多く、窒素過多の栽培も発病を助長する。ハウス栽培では低温適湿の栽培管理は多発生につながる。本病は感染から発病までの期間が短く、短期間で多発する病害である。

【防除のポイント】

(狆譴稜喊紊鬚茲する。
▲献礇イモ畑の近くでは栽培をさける。
D蠖後はポリフィルムなどで雨よけを作り栽培する。
っ眩撚畭燭虜惑櫃鬚気韻襦ハウス栽培は過湿にならない管理を。
ヌ剤散布は早めに予防を重点に。なお、薬剤は添付ファイルのとおり。
関連文書ファイル トマト疫病防除 薬剤
【エクセルファイル 15KB】